深い丹波の霧に包まれ、晩秋に稔る

  • 兵庫県丹波市産    
  •  品 種 「名倉穂」(なぐらほ)    
  •  5kg(玄米重量で5kg。白米、玄米、5分づき、7分づきが選べますが精米すると10%目減りします)      
  • 農薬・除草剤 不使用      化学肥料不使用      いわゆる有機肥料も不使用   

 

受け継がれた、希少なお米、 兵庫の在来種「名倉穂」(なぐらほ)。丹波では秋から冬にかけて、早朝、深い霧が発生します。昼夜の寒暖差がこの霧を生み、丹波地方の農作物に独特の滋味を与えると言われます。名倉穂は霧の濃いこの晩秋に刈り入れ時を迎える、最も晩生(おくて)の稲です。ほとんど作る人もなくなっていましたが、先達がこの珍しい水稲の種子を入手し、復活させました。数えるほどの栽培者しかいない、希少なお米。 自然農法で5年間継続的に採種された清浄な種籾を譲り受け、Kファームで2016年から栽培を始めました 在来種の中では若干背が低く、倒伏に強く、食感の面もしっかりした食べごたえがあります。お米のやわらかさ、もちもち感ばかりが、喧伝される昨今ですが、それとは違ったタイプのおいしいお米があること、ぜひ実際に味わってみてください。 このお米は、お好みにより若干水を多めにして炊き上げてください。 ※在来種のお米を炊くときは、十分に水に浸漬してから炊いてください。(夏季で30分以上、冬1時間以上)

丹波の朝霧米「名倉穂」5kg

SKU: A010-5kg
¥3,500価格
    丹波自然農園Kファーム