感動米です「いのちの壱」  

 

  • 兵庫県丹波市産    
  •  品 種 「いのちの壱」(いのちの壱)    
  • 10kg(玄米重量で10kg。玄米、白米、7分づき、5分づきが選べますが精米すると最大10%目減りします)    
  •  農薬・除草剤 不使用      化学肥料 不使用      無施肥(いわゆる有機肥料も不使用)  

 

つややかで香りよく、もっちり。「いのちの壱」
「いのちの壱」は、コシヒカリを栽培していた田圃でみつかった、突然変異種。お米の女王ともいえるコシヒカリをもしのぐほどの、おいしさと香り高さ、そして、つややかな美しさ。 米・食味鑑定分析コンクールでも4年間連続して金賞を受賞するなど、評価の高いお米です。が、いかんせん栽培の難しさから、生産量、流通量が少ないため、希少米としての 位置づけになっています。 このお米の発見者である今井隆さんご自身は、「龍の瞳」というブランド名で販売されていますが、品種としては同じ「いのちの壱」です。
大粒米です。希少な無施肥栽培です。
いのちの壱は香り高く、甘みがあり、食感は、ソフトでもちもち。食べた方からは、「おいしい」の一言よりも「感動しました」のお言葉をいただくことが度々です。そんなおいしさを生み出しているもう一つの特徴は、とても大粒なお米であるということで、コシヒカリの1.5倍の大きさがあります。見た目もりっぱなお米なので、ご贈答の品としても喜ばれています。(画像は左コシヒカリ、右いのちの壱)
いのちの壱は希少米として無農薬で大切に栽培されることが多いですが、肥料を使わない自然栽培の「いのちの壱」はさらに希少です。やわらかなもちもち感のなかにもしっかりとした食感を感じていただけると思います。冷めてもおいしいので、お弁当やおにぎりにも向いています。
おいしい炊き方
「いのちの壱」はやわらかく、吸水性の良いお米なので、一般的な品種とは炊き方の加減が少し異なります。
コシヒカリを炊くときの水加減が一般的に、米1に対し水1.2、だとすると「いのちの壱」は米1に対し、水1くらいが適当です。
また水を吸いやすいので吸水時間はあまり長すぎないほうがいいです。一昼夜つけておくと、ご飯が炊けないくらいに水を吸ってしまうことがあります。その時のお米の乾燥度によりますので、一概には言えませんが、30分くらいの浸け時間が適当です。新米の時は、ほとんど浸水せずにいきなり火にかけたほうが良い場合もあります。

いのちの壱10㎏

SKU: A030-10kg
¥8,800価格